他機処理との比較 | 業務用生ごみ処理機トラッシュ販売・設置。茨城・栃木・群馬・埼玉・福島・宮城に対応!

他機処理との比較

一般的に業務用として普及している生ごみ処理機は、大きく4つの種類に分けられます。
それぞれの特徴と比較してみることで、自然還元型生ごみ処理槽「トラッシュ」のメリットをご理解いただけます。

  • 生ごみ処理槽「トラッシュ」との比較・バイオ処理機(堆肥型)

    バイオ処理(堆肥型)

    バイオの力で生ごみをかくはんしながら分解する方法です。
    数週間〜1ヶ月に一度など定期的な手入れやメンテナンスを必要とします。水分を蒸発させるため、光熱費が割高となる場合が多いのでランニングコストが高いと言われています。また、処理時のにおいも強いと言われています。

    生ごみ処理槽「トラッシュ」との比較・バイオ処理機(堆肥型)のデメリット
  • 生ごみ処理槽「トラッシュ」との比較・炭化処理

    炭化処理

    生ごみを高温で炭化させることで減容する方法です。乾燥処理よりもさらに高い熱源を必要とするため、光熱費が高くなります。また、生成物は燃料や土壌改良として利用ができますが、再利用や廃棄の負担が伴います。
    さらに、炭化処理機は焼却炉扱いとなる場合もあり、法的規制の問題も関わります。

    生ごみ処理槽「トラッシュ」との比較・炭化処理のデメリット
  • 生ごみ処理槽「トラッシュ」との比較・乾燥処理

    乾燥処理

    生ごみに含まれる水分を蒸発させ、乾燥させることで減容する方法です。ヒーターなどの熱源を使い、温風を当て続けなくてはいけないため、光熱費が高くなります。
    また、生成物は堆肥として利用されることが多いですが、再利用や廃棄の負担が伴います。

    生ごみ処理槽「トラッシュ」との比較・乾燥処理のデメリット
  • 生ごみ処理槽「トラッシュ」との比較・完全消滅処理

    完全消滅処理

    生ごみが完全に消滅することは物理的に不可能です。

    生ごみ処理槽「トラッシュ」との比較・完全消滅処理のデメリット 生ごみ処理槽「トラッシュ」との比較・完全消滅処理のイメージ
トラッシュはここが違う
業務用生ごみ処理槽「トラッシュ(TRASH)」

独自開発の特殊有効微生物の働きにより、生ごみを水分とCO2、メタンなどに分解・減容。
自然の力で分解させるため、電気・ガスなどの熱源・動力を使わず安心・安全。

さらに、生ごみを投げ入れるだけで手間が一切かからず、それでいて長寿命(30年以上使用の実績あり)。

ここで排出されるCO2は、もともと植物が大気中から光合成により取り込んだCO2なので、CO2の排出量を増やしているということにはならないカーボンニュートラルです。

「トラッシュ」なら、設置場所さえあれば・・・

ランニングコストかけず
環境配慮しながら半永久使えます

「トラッシュ」は、もっとも理想に近い生ごみ処理の方法と言えます。
コストも手間もメンテナンスもかからず、
環境にやさしいことに加え、動力不要で安全。
それが半永久的に使用できるという、総合的に生ごみ処理のあるべき姿です。

業務用生ゴミ処理槽「トラッシュ」の資料請求・お問い合わせはこちら