削減ケースとご活用中の方のお声 | 業務用生ごみ処理機トラッシュ販売・設置。茨城・栃木・群馬・埼玉・福島・宮城に対応!

削減ケースとご活用中の方のお声

生ごみの廃棄を業者へ委託されていた飲食店3店舗様の生ごみ廃棄の削減ケースと、
設置された方からいただいたメッセージをご紹介いたします。

    トラッシュでの削減ケース1

  • 飲食店(夜時間のみ営業)

    座席数23席

    生ごみ排出量約150kg/月

    月間経費 年間経費 トラッシュ導入後
    12,000 144,000 ゼロ
    業務用生ごみ処理槽「トラッシュ」で経費削減の右向き矢印
    業務用生ごみ処理槽「トラッシュ」ご活用中の方のお声

    開店して丸2年が経ち、色々な部分で改善を測ろうと模索しているところ、トラッシュを知りました。
    これまで生ごみ処理の事は業者に出すことが普通で、開店当初から何も考えずに毎月委託料を支払っていました。

    トラッシュを設置してみようと決めたのは、確実なランニングコスト削減ができると言う点でした。

    大きな店ではありませんので、売上がこれ以上に上がっていくと言う事は無いに等しい状態で、逆に考えればとても良い事とも言えますが、毎月毎月ほぼ一定の客入りで、席もありませんから増やしようがなく、場所的に営業すると黒字は減るという算段で、つまり利益を増やすには経費を削減するしか道がなかったわけです。

    トラッシュは一度設置すれば、あとはひたすら使うだけ。
    人手が要ることもなく、アルバイトの子だって誰だって投げ入れるだけ。
    それだけなのに経費は減らせる。向こう何十年分の経費を一気に削減できたという事です。

    利益を増やすために自分がする事は、新しく出店する事、これだけになりました。

  • トラッシュでの削減ケース2

  • 飲食店(昼・夜営業)

    座席数110席

    生ごみ排出量約900kg/月

    月間経費 年間経費 トラッシュ導入後
    40,000 480,000 ゼロ
    業務用生ごみ処理槽「トラッシュ」で経費削減の右向き矢印
    業務用生ごみ処理槽「トラッシュ」ご活用中の方のお声

    TRASHを工事して7ヶ月経ち、今のところ生ごみと分解促進剤を入れただけ。何もしておらず。

    完全無害で非常に助かっています。

    実は半信半疑で、代表から“工事が入る、今後はここに生ごみを捨ててくれ”と言われ、手間が増えたり手入れが増えたり臭いがしたりしたらどうするんだと思っていました。
    万一使えなくてここに地中に埋もれっ放しだったらどうするんだよと思っていました。

    しかしその心配は無用でした。手間という手間は本当になく、ただ捨てるだけですから疑いも早々に晴れました。

    生ごみの処理は、誰もが前に出てやりたいと思う仕事ではありません。スタッフも、極力汚いものに触りたくはないです。
    それがなくなるということは、大きな負担軽減になっていることがよく分かります。

    他の店舗でも1店舗TRASHを入れましたが、その他の店舗でも工事予定とのことです。食品廃棄は非常に複雑な気持ちですが、このような処理の形が可能なら、どんどんやっていくべきだと思います。

  • トラッシュでの削減ケース3

  • 飲食店(昼・夜営業)

    座席数96席

    生ごみ排出量約1500kg/月

    月間経費 年間経費 トラッシュ導入後
    60,000 720,000 ゼロ
    業務用生ごみ処理槽「トラッシュ」で経費削減の右向き矢印
    業務用生ごみ処理槽「トラッシュ」ご活用中の方のお声

    当店は食べ放題をやっていますので、廃棄の課題は常にありました。食べ放題店は昔からありますが、近年特に増えてきていて、正直、価格競争の勝負というのも否定できません。
    国道沿いに大きな食べ放題店もこの数年でいくつも開店したり閉店したりしています。

    当店も昨年と今年で2度価格改定したほどで、試行錯誤に迷走を重ね、更に経費の面でも見直し案が上がり、トラッシュを採用する決断に至りました。

    工事してすぐに使えるというのは、すぐに軽減できて数字に表れるということです。この点に於いてもトラッシュを採用したメリットといえます。(工事して以来一度も生ごみを別の方法で処理したことはありません。)
    どれだけ利益を確保していけるか、要所要所で削減案を思考・実践中、最速で改善できたのは間違いなくトラッシュです
    運営経費は、もっと使うべきところで使っていく方向で進んでいます。まずは人件費に反映できる様、改革中です。

    そして、経費削減という意味でも勿論ですが、環境問題への貢献度も高いというのは、会社として誇れることでもあります。
    この先ずっと使用できてずっと環境配慮できるトラッシュを選択して正解でした。

  • トラッシュでの削減ケース4

  • 老人ホーム

    部屋数32部屋

    生ごみ排出量不明

    業務用生ごみ処理槽「トラッシュ」ご活用中の方のお声

    集積所のごみの臭いで一度近隣の方とトラブルもあり、大変困っておりました。毎日回収にきてもらっているわけではなかったので悩みのタネでしたが、トラッシュを設置して一発解決です。

    人を扱う施設ですし、近隣の方ともトラブルなくうまくやって行きたいところですから死活問題でしたが、衛生面でもトラッシュを設置して良かったと感じています。

  • トラッシュでの削減ケース5

  • 温泉旅館

    部屋数48部屋

    生ごみ排出量約2000kg/月

    業務用生ごみ処理槽「トラッシュ」ご活用中の方のお声

    敷地内にトラッシュ2台置きました。従業員出入り口付近の地中に埋め込まれています。すっきりしており、驚きましたが無臭です。できる限り近くにと思いましてこの場所に置くことになりましたが、従業員から心配の声を他所にまったくもって臭いがしない事、害虫の心配もない事、手入れが必要ない事、非常に実用的で助かっております。今後とも宜しくお願い致します。

  • トラッシュでの削減ケース6

  • 飲食店

    席数約80席

    生ごみ排出量約400kg/月

    業務用生ごみ処理槽「トラッシュ」ご活用中の方のお声

    裏手の出入り口のところにトラッシュを埋めました。思っていたよりも地上に出ている部分はコンパクトでした。営業終わりに戸締りして、トラッシュの蓋を開けて入れて帰るというのが日課になっています。とにかく楽です。エコもそうですが、楽なのが一番助かってます。

業務用生ゴミ処理槽「トラッシュ」の資料請求・お問い合わせはこちら