FAQ よくある質問 | 業務用生ごみ処理機トラッシュ販売・設置。茨城・栃木・群馬・埼玉・福島・宮城に対応!

FAQ よくある質問

飲食店、ホテルやキャンプ場、老人ホームなどの施設、医療施設、学校など、幅広い企業や団体様など、
トラッシュを設置するにあたり、よくいただくご質問と回答をまとめました。
質問をクリックすると、回答をご覧になれます。

ご心配、ご不安がございましたら、お気軽にご相談ください。
お電話(0296-77-9202)またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

生ゴミの処理量はどう調整しますか?

1日当たりの生ゴミ投入量は約50kgです。
それ以上に多い処理力が必要な場合には、トラッシュを複数設置することで調整しますのでご安心ください。

トラッシュを導入されている企業や施設はどんなことがありますか?

毎日一定以上の生ゴミが出る飲食店、宿泊施設やキャンプ場、保育園や学校、老人ホームなどの施設、医療機関、保養所や別荘地など、幅広い企業や団体様にご利用いただいております。
スペースがあれば、トラッシュを設置できますのでご活用ください。

これまでのトラッシュ設置実績を導入事例でもご紹介しておりますのでご覧ください。

万一、投入口から落下する危険性はありませんか?

投入口にはステンレスパイプを取り付けますので、落下の心配はありません。

設置する場所の決まりはありますか?

設置するにあたり必要な面積は約1坪です。地質は水はけの良い土壌を選びます。
2.6m掘っても岩盤が出ず、湧水が出ない場所を選びます。
土に埋めて設置しますので、投入口だけが地上に露出しますので、駐車場などにも設置できます。
その他に、トラッシュを設置するための制限はありません。

ハエなどは発生しませんか?

蓋を閉めている状態は完全に密閉されている状態です。
腐敗している状態だとハエが発生してしまいますが、きちんと発酵していれば虫は発生しませんのでご安心ください。

においの心配は本当に大丈夫ですか?

蓋をした状態は完全に密閉されます。
そのため、においが漏れて臭くなるということはありません。
トラッシュは排気もしませんので、においが外に出ることがありませんので限りなく無臭に近い状態です。
生ゴミを投入する際、蓋を開けますのでにおいがしますが、“発酵”していれば腐敗臭のようなにおいではなく、発酵臭がします。

気温は関係ありますか?

トラッシュを設置する周囲の気温は、-20°Cでも分解能力は変わりません。
冬場の低い気温を心配されるかもしれませんが、北関東の冬の気温でしたら問題なく使用できます。

業務用生ゴミ処理槽「トラッシュ」の資料請求・お問い合わせはこちら